失業保険で頂ける金額

失業保険でもらえる一般的な失業給付を「基本手当」といいます。 
基本手当でもらえる金額は、年齢や勤続年数によって大きく違ってきます。

計算方法↓↓

@賃金日額=退職前6ヶ月間の給料の合計(ボーナスは除く)を180で割った額
A基本手当日額=この賃金日額の60〜80%(高齢者で収入の多い人の場合は50%の場合もある)
Bもらえる基本手当ての総額=賃金日額×所定給付日数

簡単に言うと会社で頂いていた給料を1日当たりの平均額に換算して、その6〜8割ということです。
ただし、基本手当日額は年齢別に上限額があります。
この上限は毎年変更があるので、都度確認する必要があります。 


戻る
戻る




inserted by FC2 system