失業保険を頂く為の手続き

失業保険を頂くには手続きをしなくてはいけません。
働いていた会社から離職票が届いたら、直ぐにでも自宅の住所を管轄しているハローワークに行ってください。
その際の持参物は以下の通り↓↓

雇用保険被保険者証
離職票
印鑑(認め印でOK)
住民票もしくは運転免許証
証明写真(3×2.5センチ)
貯金通帳

ハローワークに行きそれらの書類を提出し、求職の申し込みも行います。
手続きが完了すると「受給説明講習会」の日時や会場が記された「受給資格者のしおり」というのが渡されます。この最初にハローワークへ行った日が「受給資格決定日」となります。
講習会に行くと失業者が何人か集められてハローワーク職員から雇用保険制度と今後の手続きの流れの説明が2時間近くあり、「用保険受給資格者証」と「失業認定申告書」が渡されます。
雇用保険受給資格者証はこれから失業給付を受けるために必要なものなので絶対に無くさないように保管してください。
講習会の後、2週間くらいすると今度は「第1回認定日」があります。給付制限がない場合は、受給資格決定日から1ヶ月後の「第1回認定日」にようやく基本手当ての支給が決まり、その数日後に初めて口座に失業手当が振り込まれることになります。 以後は4週間ごとに「認定日」が設定されそのたびに4週間分の基本手当が支給されます。給付制限がある場合は、3か月後に支給が決まります。


戻る
戻る



inserted by FC2 system