失業保険とアルバイト

待機期間
失業保険の手続きをして7日間の間が待機期間です。
この期間のアルバイトはNGです!
待機期間に労働したことが発覚すれば失業給付は受けられません。 

給付制限期間
自己都合の場合はその後、給付制限期間が3ヶ月あります。
 給付制限期間はアルバイトは制限付きですが認められていますので、その制限以内でしたら影響はありません。 
制限そのものについては各安定所の判断にゆだねられていますので、所轄の安定所で確かめてください。

受給期間中
申告すればアルバイトをしても大丈夫です。
アルバイトをした日数を申告すれば、日数分の失業保険が差し引かれた金額を支給してもらえます。
差し引かれた分の支給金額も、消えて無くなってしまう訳ではなく、給付期間が切れた後に後回しになります。
職安で認められるバイト日数は「月に14日未満」かつ「週に20時間未満/4日未満」が基準といわれています。
これは職安によって違います。
なのでバイトして損はないのです。



戻る
戻る



inserted by FC2 system